レーザー治療

先日、一年ぶりに来院した患者様です。

3日前ほどから前歯の歯茎が疼きだしたと思ったら昨日から激痛が、しかも張れてきてということで典型的な急性炎症の症状です。

こんな時困るのはどう対応するかです。

何故ならば炎症がひどいと麻酔が効かない、それでも治療を強行すると痛い上に治療は遅々として進まず、大抵は途中で断念します。

すると患者さんにとってはすごく痛かったし先生はイライラしていたという悪印象しか残りません。

かと言って何もしないで薬だけ出して後日改めて来てください、とすると薬を服用して痛みが去り、例えば翌日に他の医院を受診すると麻酔がちゃんと効くので後から受診した先生は痛みが無く上手な先生という事になってしまいます。

患者様は真相を知らないので最初の先生は薬だけ出して治療をしてくれなかった薄情だとなります。

その辺が名医になるならないの鍵かも知れません。

レーザーで患部を少し焼却すると痛みも無く膿を出してばい菌を無くせるのでその後も処置が楽です。

その患者様はいつの間に治療をしたんですか?と感心する事然りせした。

-安心安全な治療, 美貌を創る歯科医のここだけの話

© 2020 横浜市西区戸部の矯正歯科・歯医者【村上歯科医院】